• wanday

【卒業犬まる子】パピートレーニング(埼玉県川口市)

パグのまる子ちゃん、初めてお会いしたのは生後6ヶ月の頃でした。

パピートレーニング 埼玉県 川口市 犬 しつけ

とにかく最初の印象は『元気!元気!好奇心!』

カウンセリング時、はじめましての私にも全力でお出迎えしてくれました。


犬を飼うのは初めてだと言うお父さんお母さんは、そんなパワフルまる子に少し困った様子。


何に対しても全力で取り組むことは、まる子の長所でもありますが、

それ故に、吠える、噛む、飛びつくなどの問題を引き起こしてしまうこともあります。


普段の生活では落ち着いていて、遊ぶときになったら全力!と言うのが理想的ですね。


それではどのようにしたら、落ち着かせることが出来るのでしょうか。


もちろん基礎的なオビディエンストレーニングは必要です。


しかしそれ以上に大切なのが、人の接し方。


なるべく興奮させないように暮らすのがポイントなのです。


例えば・・・


<お仕事からの帰宅の際>

「お母さんーーーおかえりーーーーまってたよーーーーーー」と全力で迎えてくれると、

「おおーーーただいまーーーー会いたかったよーーーーー」と全力で応えたくなりますよね。

実は、それをしてしまってはいけないのです。

犬はもっともっと興奮し、興奮が絶頂に達すると、飛びつく、吠える、噛むなどの行為に発展します。

(さらに、飼い主が帰ってきた喜びが大きいと、お留守番への寂しさが大きくなります。これは興奮するお話とは別の問題ですので、また別にご説明しますね)


ということで、多くのご家庭が行なっていると思われる、帰宅時の一連の儀式は、実は犬にとって良くない影響を及ぼしているのです。



帰宅した際に、「ただいま〜」と、もしゃもしゃしたい気持ちは抑えて、クールに交わす。

このようなことを人が心掛けていくことで、犬は興奮しない落ち着いた子になってきます。


そして皆さま衝撃的だと思いますが、犬は興奮している際、楽しそうに見えますが、実は負荷が掛かっている状態なのです。

私たち人間も、四六時中テンション高いのは疲れますよね。その点は、犬も同じです。


遊ぶときは全力、それ以外は落ち着いて過ごす。

メリハリをつけられるようにサポートしてあげて下さい。


なので、帰宅時に「ただいま〜」ともしゃもしゃしてあげないのは可哀相…なんてことはありません。

クールに接しておげる事こそが『愛情』なのです。


まる子のお父さん、お母さんはとても明るい方で、『クールに接する』というのは至難の業であったと思います。


しかしながらまる子への愛が実を結び、まる子は以前よりずっと落ち着けるようになりました。

お伝えしたことを実践していただき、ありがとうございました**


たまに車を運転していると、まる子とお母さんが楽しそうにお散歩しているのをお見かけします。ふたりはまさにベストパートナーですね。

トレーニングによって、ご家族の絆が強くなったように感じると、私自身とても幸せです。


トレーニングをご検討中の皆様もぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか**


お読みいただきありがとうございました。


閲覧数:47回0件のコメント