• wanday

【卒業犬ラッキー】抱っこを好きになるトレーニング(埼玉県川口市)


トイ・プードルのラッキーくん(生後4ヶ月)の最初のお悩みは“トイレ”と“甘咬み”。


パピーを迎えた皆さんが一度は抱えるお悩みです。


いつものようにカウンセリングにて、甘咬みの怒り方を実践。

すると、やはりすぐ無くなりました。


怒り方(タイミング、インパクト、一貫性)さえ合っていれば、

犬はすぐに理解してくれるんですよね^ ^


そしてトイレも一回成功!

その後は1週間で自らトイレスペースへ向かい、排泄できるようになりました^ ^感動です!


8回コースのレッスンの中で、

アイコンタクト、オスワリ、フセ、マテなどのオビディエーショントレーニングも着々とこなしていくラッキーくんでしたが、



しかし、

中盤に来て問題が発生(´⊙ω⊙`)




なんと、抱っこが嫌いになってしまったのです(´⊙ω⊙`)


自分から近寄ってきたときに抱き上げることには抵抗しませんが、

こちらから抱っこしようと向かっていくことに嫌なイメージがあるように見えました。


お話を聞いてみると、


どうやら、お散歩中にハーネスが外れたときに、みんなで追いかけまわして捕まえた、ということが原因のようです。


ラッキーくんのよに抱っこが嫌いな子は、意外にたくさんいます。


トラウマがあって抱っこされるその瞬間がイヤな子、


抱っこされてから拘束されるのがイヤな子。


ラッキーくんの場合は、リラックスポジション(飼い主の足の上で仰向けになって寝転ぶ姿勢)で落ち着くことはできるので、


抱っこされるその瞬間が嫌いなだけでした。



みなさんも愛犬を抱っこするときのこと、

イメージしてみてください。


どのようにして持ち上げていますか?


前から覆いかぶさって、両手で抱きあげている方、

たくさんいらっしゃると思います。


しかし実はこの方法、犬にとってすごく恐怖を感じやすいやり方なのです。


犬にとって安心して体を委ねられる方法、

それは、

犬の横に並んでから片手で包み込むようにして持ち上げる、という方法です。


ですので、抱っこを好きになるリハビリの際には、

片手でオヤツを持ち、もう一方の手で包むようにして抱きかかえるという練習をします。


同時に「抱っこ」と言葉をつけると、


「抱っこ」というと、飼い主の横に立って手に鼻先を近づけてくるようになります^ ^

そしてピョンっと体を預けてくれるようになりますよ。

可愛いですね♡


愛犬と暮らしていく中で、抱っこしなければいけないシチュエーションはたくさんあります。


ラッキーくんのように、外でリードが取れてしまったとき、

病院で診察台に乗せるとき、

長い階段を登るとき、

エレベーターに乗るとき、

などなど。



小型犬に限らず、大型犬のみんなにも、抱っこは好きになってもらいたいです。

ぜひ、どんなときにも抱っこさせてくれるようにトレーニングしておいて下さいね♪


ラッキーくんも、ご家族のみなさんも、がんばってくれました◎


動物取扱業登録番号    訓練:15東京都訓第004774     保管:15東京都保第004774       登録年月日:H27/7/24      有効期間の末日:H32/7/23